葉酸て何?






葉酸て何?

check葉酸とは妊娠している女性にとって、お母さんにも赤ちゃんにも欠かせない栄養素になります。

葉酸というのは水溶性ビタミンB群のひとつで、代謝に影響があります。

葉酸を摂取すると、たんぱく質、核酸の合成に作用し、細胞を生産したり、再生するのを補助し、体の発育に大きく貢献します。

つまり、細胞が生まれ変わる、新しく作られるためには葉酸が必要不可欠ということです。

核酸というのはDNA、RNAのことを指し、細胞の核の中で遺伝情報を保存、体を構成していく命令を出します。

ですから赤ちゃんが人間になるために新しい細胞を作り出す妊娠期、赤ちゃんが生まれてから成長していく授乳期にはお母さんが特に摂っておきたい栄養素になるのです。

 

妊婦さんの葉酸不足は深刻な問題です

ninpu3胎児が成長するために必要な葉酸が不足すると、先天性疾患の可能性が高くなります。

胎児の体を正常に発達させるためには、妊娠3ヶ月までに葉酸を積極的に摂る必要があります。

もしこの期間に葉酸が不足してしまうと、

先天性異常が起こる可能性が高く、二分脊椎症や無脳症、

神経管閉鎖障害などの障害リスクが高まります。

授乳期に葉酸が不足すると発育不良、発育遅延になるといわれています。

葉酸摂取の重要性は母子手帳にも記載されており、

妊娠中期、後期にも必要不可欠な栄養素です。

不足するとどうなってしまうのかというと、

赤ちゃんの成長が著しく遅れてしまったり、悪性貧血を引き起こして

赤ちゃんだけではなく母体にも影響が出てしまいます。

細胞分裂に欠かせない葉酸は、妊娠期間を通して積極的に摂りたい栄養素なのです。